1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

211 / 235 作品目
僕の中学校にNo.2の息子が来た③ 必要以上に無個性を揶揄うかっちゃん、轟君の中で「無個性になったら生きられない、怖いって思ってるから絡むんだな」って思われてそう。本当は自己顕示欲というか、出の事憎いくらい好きで欲しいから無茶苦茶絡んでるんだけど、それをこの場に居る全員が知らない事実
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます