1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

213 / 235 作品目
僕の中学校にNo.2の息子が来た⑤ 学校を休んだ出を訪ねて来た轟に出母は大喜び。どうぞ上がっていって!と涙ぐむ母にどう足掻いても逃げられない自分の運命を呪う出なのであった…。〜出が個性で轟の怪我を綺麗さっぱり消したので、怪しまれているの巻〜 突然のアナログ失礼します
1
2
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます