1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

61 / 85 作品目
オタユリとキティユ 「キティユのお絵かき」 そして、客観的にその言葉を聞いたことであの時自分はどんな気持ちだったのか意識しちゃうユーリちゃん (俺はこんなにチョロくなかったぞ…!)って思ったり (チョロいぞ)
1
2
3
4
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます