1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

148 / 153 作品目
(一枚目は四年前の落書きですみません) トークの途中に何回かDr.DMATの話をしてまして、初見の時からずっと好きでした伊勢崎先生のこの動き、まさか市川さんはそれを覚えてらっしゃるようでなんかすごく嬉しかった。
1
2
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます