1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

607 / 646 作品目
デス・ストランディングをやってた時は、荷物を担いであっちからこっちに届けるだけでその辺の人とか大塚明夫とかがひたすらに褒めちぎってくるので、「これはゲーム・・・あまりにもゲーム・・・」となっていた。
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます