1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

608 / 646 作品目
一つ一つのネタや話運びが抜群に面白いことは理解した上で、「とは言え、まあ無難なところに収まるんでしょう?」みたいな雰囲気で読んでいたところはある。
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます