1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

30 / 33 作品目
マブチモーター社長宅放火殺人の犯人ふたりは刑務所で知り合い、中にいるころからマブチが狙い目だと計画をたて、出所後マジに実行するんだが、法廷で小田島が「自分は犯罪の話しかできない。友人がほしかった。守田は初めての友達だった」と告白したの、事件はふたりにとっての“青春”なんだなって
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます