1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

9 / 25 作品目
駆け出しの頃の2人だけで労働者やってた時期にこういうやりとりとかあったら嬉しい。アクア様って、知能低い分好きか嫌いかは素直に口に出しそう。 カズマの『ヒロインとしては見れなかった』的な台詞あったけど、なんやかんや軽い照れ隠しとか、2人でいて変な雰囲気にならないための気遣いとかであれ
1
2
3
4
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます