1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

236 / 254 作品目
なかでも、多くの識者に指摘されているように、手塚先生の『罪と罰』は青年(人間)の暗い欲望や内面の飢えをえぐるという後の劇画の流れの一つの先駆ともいえる重要作。 ドストエフスキーの原作付ではあるが、そもそもこんな主人公の原作を漫画にする試み自体があまりにもアバンギャルドであった。 https://t.co/aTxIWWkcsp
1
2
3
4
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます