1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

40 / 88 作品目
3,「自分の直感には自信があって 乗るはずもないバスの時間を気にして逃げた」 (かたおもいクッキー) おねえちゃんが弟くんと一緒にいるとこに初めて会ったバイトくん。けっこう繊細。
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます