1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

378 / 382 作品目
自分が書いた脚本でなら寧々ちゃんが他の男と触れ合うのはOKだけど、他人が書いた脚本では絶対NGな類君の類寧々 「いっそ僕に脚本書かせるか、その脚本を書いた人に寧々には僕という恋人がいるけどそれでもこの脚本をやらせるのかいや絶対やらせないと迫るの2択しかない」 「類・・・絶対やめて」
1
2
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます