1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

477 / 636 作品目
僕は団地の母子家庭育ちで、母は縫製の内職をしてました。 僕と弟は中学まで母が内職の余った生地で作った服を着ていた。 オートクチュール(笑)とは言え、安い木綿の素材で。 ニットや革を使った上着を着ている同級生が羨ましくて。 そんな昔を元に描いた10ページのグルメ漫画がなうおんせーるです。
1
2
3
4
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます