1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

57 / 195 作品目
クソ程語彙のない一松の告白を描きました。 何か上手くいかなくて上げたり消したり詐欺みたいになって申し訳ない限りです(ノД`)
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます