1つ前の作品を読む

5つ前の作品を読む

最初から読む

326 / 344 作品目
玄関が開く音がしたから出迎えようとした青輔と、青輔いるならこっちだなってリビングに向かった申。 「ごめん、驚いただろ」 「ん、や、デカい声出してごめん…」 とかちょっと二人でもじもじしたあと、にかって笑い合ったりします。 #青輔と申 #創作BL
1
ツイートにリアクションをしよう!
このままスクロールすれば次の作品に進みます